入院中の生活

入院中の食事

食事は病院で用意いたします

病院外からの飲食物を持ち込む場合は、その都度主治医または看護師にご相談ください。病棟に食堂がありますのでご利用ください。
入院中の食事時間は、次のとおりです。

  • 朝食:7時頃
  • 昼食:12時頃
  • 夕食:18時頃

※検査のために通常の時間に食事をとれない場合もあります。
その際は検査終了後にパンやレトルト製品での食事を準備いたします。
※入院したときの食事代については、診療にかかる費用とは別に1食につき260円が自己負担額となります。

食事のメニューが選択できます

治療に差し障りのない範囲で、できるだけ患者さんに満足していただけるよう、一部の献立でメニューを選択することが出来ます。食事メニューが選択できるのは「食塩6g食」および「糖尿病食」を召し上がっている方で食物アレルギー等のない方となります。実施日は毎週木曜および金曜の朝食と昼食です。
毎週火曜に配られる「メニュー付申し込み書」に希望の食事を記載していただき、ナースセンター設置の回収箱に入れてください。メニューは病棟食堂にも掲示してありますので、ご覧ください。

義歯(入れ歯)を使用している方へ

義歯の手入れを怠ると、義歯についた汚れの中で細菌が増え、口臭や虫歯・歯周病が起こりやすくなります。また口腔内の病気は全身に悪影響を及ぼすことがありますので義歯の清潔保持を心がけてください。

義歯の手入れと保管について

毎食後、義歯をはずし、流水下でブラシを使って全体を清掃してください。
就寝時は歯科医師の特別な指示がない限り、必ず義歯を外してください。義歯を外すことで歯茎や口の粘膜を休ませることができます。
外した義歯は、ガーゼやティッシュなどにくるまないで、洗浄液と水の入った義歯容器に保管してください。