白山石川医療企業団ロゴ

企業長挨拶

明けましておめでとうございます。謹んで新春のお慶びを申し上げます。
昨年はコロナ騒動で明け暮れ、未だ終息には先が見通せない状況が続いています。
この騒動の中、日本人の国民性に感心することが多々ありました。一方で医療体制も含め日本社会の脆弱性、問題点が露わになりました。こんなにも日本は遅れていたのか、こんなこともできないの
か、日本人の意識、倫理観はこの程度だったのか・・。さらに「当たり前の日常」の大切さ、人と人との「繋がり」についても改めて考えさせられました。医療・介護・福祉は本質的に、この人と人との「繋がり」の中で成り立ちます。しかし、「繋がり」が希薄とならざるを得ないウイズコロナの時代を、私たちは覚悟しなくてはなりません。そのなかで白山石川医療企業団は、質の高い医療・介護を通して地域住民の生活を支え、明るい「まちづくり」に貢献することを使命としています。その成就のために、アフターコロナ社会を見据えて「何を変えなくてはいけないのか」、逆に医療・介護の本質を見失うことなく「何を継続しなくてはいけないのか」を常に意識しつつ組織全体で取り組んでまいります。
本年もみなさまのご理解、ご協力をお願い申し上げます。

令和3年1月 白山石川医療企業団
企業長 卜部 健