病院長挨拶

病院長 谷 卓

謹んで新春の祝詞を申し上げます。
昨年度は懸案でありました総合健診センターの増築と内視鏡センターの拡張を行い、そして疾病予防と医療がコラボした健康増進センター「ダイナミックHakusan」を開設しました。お陰様で多くの地域住民の方々にご利用いただき衷心より御礼申し上げます。
さて、医療福祉を取り巻く環境はますます混迷の度を深めています。三位一体の改革と称して、地域医療構想に基づく病床・病院機能の再編統合、医療従事者の働き方改革と偏在の解消が進められています。少子高齢化が進む中で改革の必要性は十分理解できますが、少しでも方向性を間違えると、地域医療の崩壊につながりかねません。このような状況で健全経営のもと「ぬくもりとおもいやりの医療・介護」を目指すには相反するようですがAi等ICTを駆使した医療の効率化が必須なのではないかと考えます。
昨年はラグビーワールドカップで日本中が盛り上がりました。「Oneteam」のスローガンのもと戦う日本代表選手の姿に大変感動しました。今年は東京オリ・パラです。さらなる盛り上がりが期待されます。元気と勇気をもらい、公立つるぎ病院と効率的な「One team」となってこの一年を乗り切っていく所存です。
本年もみなさまの変わらぬご支援のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

令和2年1月 公立松任石川中央病院
病院長 谷 卓