企業長挨拶

明けましておめでとうございます。謹んで新春のお慶びを申し上げます。
みなさまには常日頃から多大なご支援を賜り、誠に有り難うございます。
白山石川医療企業団が運営する2病院の基本方針は、公立松任石川中央病院では「ぬくもりとおもいやりの医療・介護」、公立つるぎ病院では「思いやりと真心の医療・介護」であり、共通するのは、人を尊重し大切にするという奉仕の心です。
ヒトは恥を知る唯一の動物だといわれることがありますが、医療・介護では、やむを得ず、恥ずかしい体位や行動をお願いする場合があります。「人を尊重する」ということは「恥ずかしい」という気持ちを捨てなければ必要な治療や援助を受けられない状況を作らないことであり、また、「人を大切にする」ということは「その人がこれまで大切にしてきた出来事や習慣などを大切にする」ことです。
「なんでもやってくれて助かるよ。ありがとう」とは勿論、「私にもまだまだできるんだね。あなたの手伝いがあればこれからも頑張れそうだよ。ありがとう」と言って頂ける、自立を支える医療と介護を目指し、本年も、職員一同、奮励努力致します。
旧に倍するご理解とご支援をお願い申し上げます。

令和2年1月 白山石川医療企業団
企業長 八木 雅夫